特殊建物定期報告

本ページは茨城県仕様に作成されたものです。各都道府県により提出期限期間等が異なります。各都道府県のホームページ等でご確認下さい。

bsImg

あなた様の建物で悲劇を起こさないために!

店舗や共同住宅やホテル・旅館や病院などのオーナーさん。あなたの建物は、ちゃんと安全点検をしてますか?

「特殊建築物定期報告」といって、建築基準法及び施行令の定めで、特殊建築物のうち県又は特定行政庁が指定した建築物の所有者もしくは管理者は、
県又は特定行政庁へ以下の報告義務があります。

ulImg特殊建築物とは
特殊建築物とは、建築基準法第6条に規定されている用途の建築物で、病院、ホテル、
学校などのように不特定又は多数の人が利用する建物若しくは、防災上、環境衛生上、周辺地域に大きな影響を与える建築物の総称です。

buildingSurveyH2Img_1

特殊建築物の定期調査報告制度は、建築基準法第12条第1項、建築基準法施行令第16条の規定建築物を定期調査報告するように法令で定められています。この定期調査報告は、火災・地震等の災害において、特に人命の安全の確保及び財産の保全を図ること、また日常において建築物の良好な維持保全を図ることを目的としています。
よって特殊建築物の所有者は、建築物の敷地、構造及び建築設備について、その状況を建築士又は国土交通大臣が定める資格を有する者
(特殊建築物等調査資格者、昇降機検査資格者及び建築設備検査資格者)に調査させて、
その結果を所定の報告書により、定期的(2年又は3年ごとに)に報告しなければなりません。

buildingSurveyH2Img_2

(茨城県建築基準法等施行細則第5条より)

建築物用途 規模 報告時期
1.劇場、映画館又は演芸場 地階、F≧3階、A≧500㎡又は主階が1階にないもの 平成22年度
その後は
(2年に1回)
2.観覧場(屋外観覧場は除く)、公会堂 又は集会場 地階、F≧3階又はA≧1,000㎡
3.病院又は診療所(患者の収容施設を有するものに限る) 地階、F≧3階又はA≧1,000㎡
4.ホテル又は旅館 地階、F≧3階又はA≧1,000㎡
5.事務所その他これに類するもの(階数が5以上で延べ床面積が1,000㎡を越えるものに限る) 地階、F≧3階 平成22年度
その後は
(3年に1回)
6.百貨店、マーケット、展示場、キャバレー、カフェー、ナイトクラブ、バー、ダンスホール、遊技場、公衆浴場、待合、料理店、
飲食店又は物品販売業を営む店舗
地階、F≧3階又はA≧1,000㎡ 平成23年度
その後は(2年に1回)
7. 博物館、美術館、図書館、ボーリング場、スキー場、スケート場、水泳場又はスポーツの練習場 地階、F≧3階又はA≧2,000㎡  平成23年度
その後は(3年に1回)
8.児童福祉施設、老人福祉施設、有料老人ホームその他建築基準法施行令第19条による児童施設等 地階、F≧3階又はA≧1,000㎡ 平成24年度
その後は(2年に1回)
9.学校又は体育館 地階、F≧3階又はA≧2,000㎡  平成24度年
その後は(3年に1回)

※注

  1. 「地階、F≧3階」は地階又は3階以上の階でその用途に供する部分(100㎡以下のものは除く)を有するものを示す。
    Aはその用途に供する部分の床面積(㎡)の合計を示す。
  2. 複数の用途(事務所は除く)に供する建築物であっては、それぞれの用途に供する部分の床面の合計をもってその主要な用途に供する部分の床面積の合計とする。
buildingSurveyImg

bsChartsButtonImg_1estimationButtonImg_1

arrowLToRImgR茨城県建築指導課の特殊建築物定期調査報告のページ へリンク

URL:http://www.pref.ibaraki.jp/close_up/cl0906_02/#04.html

茨城県土地家屋調査士会会員

下川利澄土地家屋調査士事務所

(水戸地方法務局鹿嶋支局内)

茨城県建築士事務所協会会員

下川設計一級建築士事務所