土地家屋調査士

  土地家屋調査士は、土地と建物の表示に関する下記の業務を行います。

下記の土地と家屋に関する御見積を致します。気軽にご相談ください。

mail

realEstateSurveyorH2Img_1

土地分筆登記 土地登記簿上一筆の土地を、分割して新たに数筆の土地として登記すること。
土地の一部を処分する場合、また、相続などで一つの土地を何人かで分ける時などに、権利の登記の前に行います。
土地合筆登記 土地登記簿上数筆の土地を合併して、一筆の土地とすること。
土地地目変更登記 土地の地目が変わった場合、農地(畑)を宅地に造成した場合など。
土地地積更正登記 初めから間違って地積が登記してあった場合、これを計り直し、実際の地積に更正する登記。
山、畑などを、計ってみたら、登記簿の地積よりかなり多かった、もしくは少なかったということがしばしばあります。
土地表題登記 新たに土地が生じたとき。たとえば海面の隆起や、埋め立てをした場合。
土地滅失登記 上記登記とは逆で、土地が滅失した場合。具体的には、海面の下、河川の流水下に土地が永続的に没した時など。

realEstateSurveyorH2Img_2

一般的には、新築、増築、滅失に関する登記申請が殆どです。

建物表題登記 建物を新築したときにする登記です。
建物滅失登記 建物を取り壊した場合、火災などによって、消失した場合などに行います。
建物表示変更登記 建物を増築もしくは取り壊しなどにより、床面積に変更がおきた場合など。
区分建物表示登記 マンションを建てたとき、原始取得者のみ申請する事が出来ます。
その他の建物登記 建物はこの他にも、分割、合併、合体、区分など、色々な登記の形態があります。一般的には、新築、増築、滅失に関する登記申請が殆どです。